子供の矯正のタイミングとは?

子どもの歯科矯正はいつから始めるの?

>

お子さんの矯正治療をスタートする目安

顎の骨の調整が必要になるような場合

歯列の乱れの度合いによっても、矯正治療の開始時期は異なります。
出っ歯や受け口等、上下の顎の成長に差があることが原因で起こっている様な症状の場合は、乳歯と永久歯が混在している6~12歳の時期に始めるのが良いといわれています。
ただし、指しゃぶりの様な癖が原因で前歯が突出しているような症状の場合は、この癖を矯正してから治療を開始することを勧められるでしょう。
これは、歯列矯正を開始しても、指しゃぶりが抜けていないと効果が薄れてしまうという理由からです。
お子さんの顎が左右非対称であったり、噛み合わせに違和感が生じている場合は、歯科医師に相談し、場合によっては専門医を紹介してもらいましょう。
永久歯で八重歯が生えてきた時に慌てて相談した結果、矯正するには手遅れで、結局抜歯することになるなんてことが無いようにしたいものです。

永久歯が生えそろってから矯正する

年齢が低いうちに歯列矯正する場合、顎の成長を調整したり、歯列をそろえる際も、動かしやすいため、効果が出やすいということはあります。
ただ、歯並びは、永久歯がすべて生えそろってみないと最終的な形は分かりません。
幼いころに始めたら、その分長い間矯正治療を続けることになります。
歯医者さんによっては低年齢の時から矯正するよりも、永久歯が生えそろってから行う2期治療を奨励しているところもあります。
2期治療は、乳歯がすべて永久歯に生え変わる12歳ころから行うのが一般的ですが、噛み合わせの状態によっては、顎の成長が落ち着く15が歳ころまで待ってから開始する場合があります。
内容としては、大人になってから行う矯正治療と同じです。
歯並びの乱れが重症でない方であれば、2期治療のみ行う方も多いようですが、歯が並びきってから始めるため場合によっては抜歯を必要とする場合もあります。


この記事をシェアする