子供の矯正のタイミングとは?

子どもの歯科矯正はいつから始めるの?

>

第1期治療を行うメリット

適応能力の高い子供だからこそ

子供は大人に比べ新陳代謝が活発なうえ、適応能力も高いです。
矯正治療した後の歯や歯茎、そして筋肉も早くなじんでくれるのです。
この様な成長が活発な時期に歯科矯正をしておくことで2期治療に進んだときに、永久歯を抜歯して、正しい熾烈に調整すするといったリスクも回避できます。
加えて、永久歯をきれいに並べる土台が構築されているので、2期治療に進んだ際にも、矯正機関が短くて済むというメリットもあります。
年齢が高くなってからでも歯の周りの組織が健康で、治療に耐えうる状態であれば、矯正治療は可能です。
しかし年数が経過すれば、その分、歯にかかわる問題も多くなる場合が多いため、治療方法が限定されてしまったり、治療期間が長くなってしまうということも起こります。

1期治療のデメリット

年齢が低いうちから矯正治療を行った場合、顎の成長が終わるまで経過を観察していかなければなりません。
その間ずっと矯正器具を装着しておかなければならないということではありませんが、顎の成長が終わる15歳前後まで、治療が継続するということになります。
また、1期治療を行ったとしても、2期治療を行わなくてよいということにはならないことが多いです。
1期治療をしていれば2期治療をする場合でも短期で済むメリットはありますが、総じて、治療期間が長くなるということは理解しておく必要があります。
矯正器具を付けている期間は、器具によっては食べ物のカスが取りにくくなり、虫歯になりやすくなりますので、注意深くケアする必要があります。


この記事をシェアする