子供の矯正のタイミングとは?

子どもの歯科矯正はいつから始めるの?

>

歯科矯正する人は増えている

年齢によって変わる歯科矯正治療

乳歯と永久歯が混在する中で行う1期治療の目的は、顎の骨が正しく成長できるように促したり、永久歯が正しいポジションに生えてくるように歯列を整えていくことです。
特にこの時期、つまり3歳位からは、食べられるものの種類も増え、顎の発達も進んでいきます。
その時、上顎と下顎の成長速度に差が生じたり、指しゃぶりや前歯を下で押してしまうような癖、あるいは口呼吸などの生活習慣が生じてしまうことで、様々な噛み合わせ不良が生じてしまいます。
不正咬合と言われるものには、出っ歯といわれる「上顎前突」、受け口と言われる「下顎前突」、歯並びがバラバラに生えている「叢生」、奥歯だけが噛み合っていて、前歯が開いている「開咬」、逆に前歯のかみ合わせが深くなってしまう「過蓋咬合」といったものがあります。

咬合の異常を治療する方法

咬合の異常・不正咬合の原因には、上唇をつないでいるスジの部分(小帯)や舌のスジの異常などによる先天的なものや、指しゃぶりなど、癖による好天的なものがあります。
顎の骨の成長が阻害され、バランスが崩れてしまったり、本来かからない場所に圧力がかかってしまうことで起こるわけです。
出っ歯や受け口の様な上下の顎の骨の成長にばらつきがみられる場合は、成長しすぎている方の顎の成長を抑えたり、遅れている顎の方を拡大床といった器具を使って広げたりする治療を行います。
こういった治療は顎の成長期であり、永久歯に生え変わっていく6歳~12歳くらいの間に始めるのが良いといわれています。
逆にこの時期を外して、永久歯がすべて生えそろってから行う2期治療だけ行う場合、抜歯をしたり外科手術が必要になる場合もあります。


この記事をシェアする